今工日記

「ガス溶接」実習【機械造船科】

今回は、機械造船科の「ガス溶接」の実習をご紹介します。

「ガス溶接」は、アセチレンなどの可燃性ガスを燃焼させ、その熱で資材を溶接させる溶接技法です。
「ガス溶接」は、電気を熱源として用い溶接する「アーク溶接」よりは、溶接温度が低く、作業時の花火があまり散らないように感じます。ただ、点火するときに「ボッ」という音がして、最初は驚きました。
生徒たちは、先生の指導も受けながら、慣れた手つきで溶接作業を行っていました。実習を見学するたびに毎回思いますが、生徒たちは、本当に上手です。
ガンバレ、今工ファミリー!!

 

『国語総合』(1年生)の授業を参観しました【今工点描】

1月27日(木)の4限目、正木先生の『国語総合』(1年)の研究授業を参観しました。

評論に関する単元で、「一人一台端末」を活用して進められましたが、デジタルに特化するのではなく、ホワイトボードというアナログも活用するハイブリッド型で、メリハリ感ある授業でした。
授業の途中には、ちょっとしたグループ活動がちりばめられていていました。生徒が主体的に活動したり、先生と生徒との間で双方向のやり取りを行ったりと、和気あいあいとした明るい雰囲気の、今工生らしい活発な授業でした。
教科書を教えるというより、教科書を用いて、在り方生き方を学ぶような授業で、聞いていて楽しい授業でした。
ガンバレ、今工ファミリー!!

 

 

「走査型電子顕微鏡」が設置されました【環境化学科】

昨年末、今治工業高等学校の環境化学科に設置された装置の紹介、第4弾です。
今回の装置は、走査型電子顕微鏡です。これだけの走査型電子顕微鏡が設置されている高等学校は、そうそうないのではとの話も聞いています。

電子顕微鏡は、試料の拡大像を観察するのに電子を用いています。電子は光に比べ波長が短いため、光学式顕微鏡に比べて、より小さなものまで見ることができ、また、試料表面の細かな凹凸を電子の強弱として検出して表すことができるそうです。

今治工業高校では、電子顕微鏡の操作・解析用パソコンは別室の生徒用パソコンとネットワークで結ばれており、撮影した試料の様子を共有することができます。こうした装置が環境化学科の実験や実習でどのように使われていくか、今から楽しみです。
ガンバレ、今工ファミリー!!

 

「えひめスーパーハイスクールコンソーシアム」に参加しました

1月25日(火)の午後、今治工業高校は、「えひめスーパーハイスクールコンソーシアム(オンライン開催)」に参加しました。本校からの参加者は、機械造船科・電気科・情報技術科・環境化学科・繊維デザイン科から3年生各2名の生徒たちです。

会では、地域の魅力発信の在り方や地域活性化の取組など、3本の発表(事前に動画を視聴)を基に、web上で生徒たちが感想述べたり、質疑応答を交わしたりしていました。

どの取組も、学生らしい視点で捉えられていて、見応えがありました。今治工業高校の参加生徒たちも堂々と意見を述べていました。こうした機会を通して、「郷土愛媛」「わが町今治」のことを考えたり、理解したりしてほしいと思います。
ガンバレ、今工ファミリー!!

 

寒苦鳥の窓 その㊲【おもいのDNA】

 今日もアクセスいただきまして、ありがとうございます。今日は朝からメジロを見かけ、さわやかな一日の始まりを感じたところです。
 さて、先週の土曜日の1時8分に、大きな地震がありました。今治は震度4(後、震度3に修正)でした。学校のことが心配になり、1時間ほど余震などを気にしながら起きていましたが、家の中の様子に安心し、また、規定上、直ちに行動すべき震度ではなかったことからひと眠り。朝、7時半頃に登庁し、状況を確認。登庁すると、すでに環境化学科の先生が来られていたので、科の薬品ビンが倒れてないか確認をお願いしました。私は校内を巡回し、目視で確認。本校は、おかげさまで異常なく、その後、窓越しの温かな日差しを受けて、まったりとした時間を過ごすことができました。
 少しお話が長くなりますが、点検で校内を歩いている時に、芸予地震の時のことを思い出しましたので、そのことを少し。芸予地震は大変大きな地震で、今治でも屋根が壊れたりして、その後、屋根瓦がすぐには手に入らない状況にもなり、今治でもしばらく青いビニールシートで屋根を覆った家がところどころあるほどでした。学校のほうは、概ね大丈夫でしたが、実験で使う薬品ビンなどが倒れたり、少し割れたりする被害がありました。
 思い出したのは、環境化学科のT先生のことです。当日は、週休日で学校はお休みでした。市内にお住いのT先生、すぐに学校に駆けつけ、実習室の点検確認を行い、後始末までお一人で!当時、科長の私はというと、長浜町(今の大洲市)に帰っており、全く対応ができませんでしたし、そのような状況さえ想定できていませんでした。情けない限りです。しかしもっとかなわないのは、ご自宅が被災していたにもかかわらず、すぐさま学校に・・・。当然しばらくの間、T先生のご自宅の屋根はブルーシートで覆われていました。誰もができることではありませんし、それを求めることでもありませんが、そのお気持ち・姿勢がとても有り難いこととして思い出されましたので。
 みなさまの平穏・平安を心からお祈り申し上げます。
 ではでは、今週も明るく楽しく軽やかに!


寒苦鳥(校長)の窓