生徒課講話

 本日放課後、放送による生徒課長講話がありました。
 「わずかな気の緩みでこれまでの努力が無にならないよう、今から何をすべきかということを常に意識しながら、改めて今工生としての自覚を持って生活してほしい」というお話に、どの教室でも静かに耳を傾けていました。ある2年生男子は、「本当に気の緩みが出ていたので、生活のリズムを見直して安全にも気を付けたい・・・」と反省していました。