「池の水、全部抜いてみた 2022」【今工点描】

今治工業高校の第1教棟と第2教棟の間には、池(ビオトープ)があります。池の水は、地下水を引いて循環させているものの、やはり、時間とともに底には藻やゴミがたまります。
そこで、「池の住人を一時退避させ」、環境化学科の生徒が「池の水を全部抜いて」みました。昨年もこの時期に行いましたが、最後に残るピットの水を捨てるのがやはり大変そうです。ただ、作業を見ていると、意外に大きな魚や様々な水棲生物を見つけるなど、ちょっとした驚きと感動がありました。さて、これで今工の池も夏が迎えられます。
アリガトウ、今工ファミリー!!