野間馬の歴史は370年ほど前の江戸時代(1635年)に、
     伊勢国桑名(現在の三重県)から松山城に転封になった藩主久松定行が、舎弟の今治城主
     久松定房に命令して、今治港の北4kmの来島海峡に浮かぶ馬島に軍馬の放牧場を作らせ、
     馬を放牧したことから始まります。



     

     しかし、この放牧は飼料不足と疾病の発生のため、多くの馬が死亡し、失敗に終わりました。
     そこで、今治藩は松山領内の野間郡(のまごおり、現在の今治市乃万地区)一帯の農家に
     馬の飼育を委託して、繁殖させることになりました。



     

     当時の馬は、体高4尺(約121cm)を定尺といい、この定尺より大きい馬は藩公から飼育費の
     ほかに報奨金を与えられて増産を進める一方、定尺より小さい馬は、飼育費を払わないかわりに
     農家に無償で払い下げられました。
     現在の野間馬は、この定尺以下同士の交配から出来上がったもので、「野間駒(のまごま)」、
     「野間子(のまこ)」、「野間馬」と呼ばれ、日本在来馬の中では一番小型の馬です。


     農家は、この小型馬が粗食で頑健、蹄鉄もはめずに70kg程度の重い荷物を乗せることができる
     ことから増殖が盛んに進められ、江戸時代には300頭程いて、馬産地として栄えました。



     

     野間馬は主に瀬戸内海の島々や久万地方などに広く買い取られ、農耕や小道、山道での荷物の
     運搬に使われ、なくてはならない生産の手段でした。
     特に島しょ部地帯の急傾斜地、細道での駄載用として、
     小型馬が重宝したこともあって、小型馬同士の交配が進み、いっそう小型化になりました。






      

     明治18年の種牡牛馬取締規則、明治30年の種牡馬検査法(主旨:毎年施行される種牡馬検査に
     合格したもの以外は、種付けに供用してはならない(種牡馬証明書の効力は1ヵ年)
     の制定によって、法律で禁止された上に、
     日露戦争後農商務省に馬政局が設けられ、
     いっそう産馬事業を強化し、野間馬のような土産馬の繁殖が禁止され、
     次第に減少の一途を辿りました。


     しかし、農家にあってはこうした法律を犯してでも、
     野間馬の強健な体質と荷物運搬の優れた能力など愛着は忘れられず、
     越智郡大島などの人目のつかない所でわずかに隠れて飼われていました。


     さらに、第二次世界大戦後の自動車の普及などの輸送手段の発達と農業の機械化等により
     産業上の使命を終え、野間馬の頭数は激減していきました。




   


     

     昭和30年代には今治市や越智郡島しょ部からは一頭もいなくなり、
     県下でも県立道後動物園(現:とべ動物園)を含めて6頭を数えるのみでした。
     
     昭和53年6月30日に野間馬を飼育していた松山市の愛好家の方から
     今治市へ4頭(雄:1、雌:3)の野間馬が寄贈されました。
     野間馬を寄贈してくださった愛好家の方は、日本で一番小さい野間馬が
     絶滅に瀕していることを知って、昭和34年以来、越智郡島しょ部や
     周桑郡で野間馬を探して購入したそうです。4頭目は吉海町で、昭和41年でした。
 
     今治市は、同年に野間馬保存会を設立するとともに、乃万農業協同組合に事務局を設置し、
     関係機関、団体及び有志が集い、地域ぐるみで生きた文化遺産である野間馬を”ふるさとの宝”
     として大切に保存増殖に取り組むことになりました。



    

     野間馬の飼育管理は今治市野間の畜産農家の方が引き受け、飼育管理は不順であった
     生産状況を見て、穀類を控え、良質な粗飼料と放牧を取り入れることで、昭和54年以降は順調な
     生産が続き、58年には待望の雄の子馬2頭が生まれました。これは畜産農家の方の老練で
     丹精込めた飼育管理によるものであるといえます。
     一時は道産子の種雄馬との交配を考えたこともあったそうです。



     

     昭和60年10月には日本馬事協会より全国で8番目の日本在来馬として認定され、
     昭和63年4月に今治市の文化財に指定されました。




     

     野間馬の有効活用と飼育環境の改善整備を進めるため、平成元年4月に
     「今治市野間馬ハイランド」が開園しました。
     この園は、敷地1.45haで厩舎、放牧場、乗馬コースなどを整備し、
     土日祭日には乗馬デーを実施し、今治市内はもとより、
     県下あるいは県外からも見学者や子供たちがたくさん来るようになり、
     学童・児童の健全な育成と情操教育への効果、馬とのふれあいを深める体験学習などの
     学習教材として利活用がされています。
     野間馬は現在85頭(2006年現在)飼育されています。

    


【参考文献】 「野間馬 日本在来馬」 発行:今治市